投稿日:

交通事故で病院にかかったら面倒!姉が看護師でよかった

大宮の国道4号で交通事故をもらってしましました。
100パーセント相手が悪い事故でした。
結構大通りなのですが、相手の完全な不注意による追突事故でした。
私は命に別状はなかったのですが、救急車で総合病院に運ばれ、検査と診察を受けました。
かなり時間がかかりましたが、検査も診察も終わったので、書類を会計に提出しました。
(こういうときは、いったんこちらでお金を支払い、あとで相手方に請求するのかな?)

生まれて初めての交通事故体験なので、私はそんなふうに思っていたのですが、計算が終わっ女性事務員に、「この会計は保留にしておきます。あとで保険会社のほうから支払っていただきます」と言われました。
そのあと〈同意書〉というのにサインさせられました。
保険会社から問い合わせがあったときに、私の怪我の状況を教えることに同意する、という内容でした。

家に帰ると、保険会社から電話があり、〈同意書〉を送るからサインしてくれ、とのこと。
「病院でもうサインしましたが」と言うと、
「それとは違うものですから」と言われました。
後日送られてきた〈同意書〉を見ると、確かに病院で書いたものとは内容が違っていました。
病院で書いたのはこういうことです。
「うちの病院は個人情報である患者の秘密は守っているんだけれど、あなたの怪我の状況だけは、保険会社にしゃべってしまうわね。いいかしら?」
というものでした。

一方、保険会社からの書類は、
「この患者さんの怪我の状況を、あたしにだけは教えてよ。ほらこの通り、患者さんから許可をもらってあるんだからさ」
という意味合いのものでした。
面倒くせえ、と思いながら、サインして返送しました。
病院からタクシーで帰ったので、その分のレシートも添付しました。

事故から1日おいて、今度はかかりつけである開業医の整形外科を受診しました。
病院から紹介状を書いてもらっていたので、提出しました。
すると、「保険会社から支払いする旨の連絡を入れてほしい」
とのこと。
その場で保険会社へ電話して、医院へ電話をいれてもらいました。

ようやく受診して帰ると、後日また〈同意書〉が送られてきました。
今度のは開業医の分と、保険会社の分が一緒です。
さらに、開業医へ自動車で行ったので、その分のガソリン代請求書も入っていました。
書類はみんな書いて返送しましたが、いやもう書類書類で、面倒くさいったらありゃしません。
事故なんて、巻きこまれないに越したことはないですね。

姉が看護師をしていて、こういった保険処理の関係にも詳しかったので本当に助かりました。
しかし、今の病院の待遇に不満らしく、つい先日、給料も今より良く、自宅の大宮から徒歩圏内の総合病院への転職に成功したと聞きました。
⇒⇒⇒看護師求人さいたま市パート

事故って自分が気をつけていてもいつ起きるか分かりません。
もうこんな経験はしたくないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です