投稿日:

友人から紹介された結婚相談所で、無事にゴールインすることができました

30を超えてもう結婚もできないのかと諦めていました。
ハタチからラーメン店で働き始め、努力が評価されて24歳で店長という立場になり、店舗を任せられるまでになりました。
朝11時から深夜の3時まで仕込み、営業、後片付けの日々。数少ない休日も疲労のために動けず、自分のための時間や女磨きの時間も一切とれないまま30歳になりました。

いつものように仕事をしていたある日、合った若い団体客がカウンターに座っており、「なあ、あの店長若くね?」「30歳くらいかな」「でも髪もボサボサだし化粧もしてないぜ」「おばさんじゃん」「たとえいくらかわいくてもラーメン屋はないかな。女じゃないよ」という会話が聞こえてきました。

正直、ショックでした。
一生懸命に仕事をしてきて、自分の時間を捨てて、残ったのは若者におばさんと言われる自分なんて。。
落ち込んでいた私に、友人が結婚紹介所を勧めてきてくれました。
友人はバリバリのキャリアウーマンで、旦那との関係も良好。
3歳になる息子さんを、仕事をしながら旦那さんと手分けして育てている私の理想でした。
「実は旦那との出会いは結婚相談所だったんだよね。」
「えっ?そんなこと知らなかった。すごく仲がいいから、てっきり恋愛結婚だとばっかり‥」
「そうだろうね。ねえ、だまされたと思って婚活してみない?もしかしたら、いいことあるかもしれないしさ。」
友人の言葉にのせられ、結婚相談所に登録をした私は最初は乗り気ではありませんでした。
パーティーなどがあっても、貴重な休日をこんなことに使うなんて。。と半ばバカにしながらそこにいました。

三回目の担当の方からの紹介で、私は運命ともいえる出会いをしました。
お相手はバツイチで小さな会社の社長をしている40代の男性で、おっとりとした雰囲気の方。
パーティーの会場では少し話をした程度でしたが、何故か印象に残っていました。

するとその翌日、彼がうちのラーメン店に偶然夕食を取りに来たのです!
めかしこんでいたパーティーとは一変して、ラフな格好の私は恥ずかしさで一杯でしたが、彼は自然でかわいいと一言。
パーティーでは見れなかった自然な顔に、私は急激に好感を高めました。
それは彼も同じだったようで、彼はそれから週に3〜4回の頻度でラーメンを食べに来てくれました。

今では一緒に暮らす彼と私。
今年の夏には結婚を控えています。
誰かと出会うのが億劫で、自信のなかった私。
婚活という経験がなければ、彼と仲良くなることはありませんでした。
私のキャリアも応援してくれる彼。私も目標の自分の店に向かって、彼のサポートを受けながら頑張っていこうと思います。

結婚相談所30代前半女性では、30代の女性におすすめの結婚相談所の情報が盛りだくさんです。
ぜひみなさんも幸せを掴んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です